About

SBBについて

About SBB
一般社団法人ソーシャルビジネスバンク

SBBの活動
ー 2つの活動を行います ー

社会を良くしたい
“想い”を実現する活動



フィランソロピー・アドバイザー

社会貢献の実践的な
アドバイスを行う専門家

金融事業による
社会還元活動



IFA(金融商品仲介業者)

金融機関に所属しない
独立系ファイナンシャルアドバイザー

※上記画面をクリックすると 次のページ に進みます
Company profile (English version)

SBBのお客様

Social Business Bankのお客様

お客様の意思決定により
より良い社会を次世代につなぎます

一般的に「お金には色がない」と言われます。

しかし、私はお金には意思と「温度」があると考えます。
資本主義経済をめぐるお金に「温かみ」を感じないのは私だけでしょうか?

お金を求めた結果、格差が広がり、環境が壊されていく。
自らの意思でお金に「温かさ」を加えることは出来ないでしょうか?

それを実現する器としてSBBが存在します。

SBBの立ち位置

SBBの立ち位置

SBBで実現したい事

1
創業ファミリーの「ご資産」と「想い」を次世代に引き継ぎたい
2
「社会貢献のあり方」を模索している富裕層及び財団等をサポートしたい
3
社会問題を解決しようと行動するNPOや社会起業家をサポートしたい
4
自分でソーシャルビジネスを実践しながら、ソーシャルビジネスを普及したい
5
お付き合いしている証券会社を変えるだけで、社会問題解消に向けた資金を世の中に循環させたい
6
資本主義とセットで語られるグリーディーな金融マンのイメージを変えたい

ソーシャルビジネスへの想い

近年、富の偏在が著しい。格差がどんどん拡大している。

多くの人が生れた国、家庭環境、生まれつきのハンディキャップ、自然災害などによって自助努力だけでは解決できない問題をたくさん抱えている。行政がサポートしきれない部分もたくさんある。

こんな中、多くのNPOが高い志を持って社会問題に立ち向かっている。しかし問題はNPOに資金が回っていない。とにかく「お金の流れが悪い」。多くの個人や企業は寄付活動を行っている。だが、まだまだ金額が足りない。

ムハマド・ユヌス博士はグラミン銀行創設者であり、マイクロファイナンスを世界中に広めてノーベル平和賞を受賞した。彼は社会問題を解決するビジネスを「ソーシャルビジネス」と名付けた。世界中の著名な経営者が彼の影響を受けた。

私もユヌス博士とバングラデシュでの共同プロジェクトを通して、彼の想いを理解した。私も金融知識を活かしてソーシャルビジネスをできないか?

金融資産を有効活用すれば「意思あるお金」が社会に循環するのではないか?結果として、より良い社会を次世代につなげないか?そのために自分が長年培ってきたプライベートバンカーとしての経験値を還元していこう。

ムハマド・ユヌス博士が提唱する
ソーシャルビジネス7原則

  1. 経営目的は利潤の最大化ではなく、社会問題の解決である
  2. 財務的・経済的な持続可能性を確保する
  3. 投資家は投資額のみ回収できる、配当はない
  4. 投資額を返済して残る利益は、会社の拡大や改善のために留保される
  5. 環境に配慮する
  6. 従業員に市場賃金かそれ以上の労働条件を提供する
  7. 楽しむ
ムハマド・ユヌス博士

法人概要
ー Company ー

法人名
一般社団法人ソーシャルビジネスバンク
Social Business Bank
代表者
東 信吾 / Azuma Shingo
 EYストラテジー ・アンド・コンサルティング株式会社
シニアフェロー
(略歴)
理 事
3名
監 事
1名
登録番号
近畿財務局長(金仲)第442号
活動開始
2022年1月
活動内容
  1. 富裕層と社会活動家(NPO法人等)を繋ぐ活動
  2. 富裕層が行う社会貢献活動のサポート(財団、社団の理事、評議員等)
  3. 社会還元を実現するための金融商品仲介業(IFA事業)
  4. 富裕層ファミリー及び財団等の資産運用に関するセカンドオピニオン
  5. 富裕層ファミリーを末永く守る顧問業
  6. その他、社会に「温かいお金」と「想い」を循環させる活動 ほか
所在地
〒658-0032
神戸市東灘区向洋町中6-9 
神戸ファッションマート8階 8w-02

Trusted By

ムハマド・ユヌス様

グラミン銀行創設者
ノーベル平和賞受賞者

公益財団法人 千本財団

第二電電(現KDDI)、イーモバイル(現ワイモバイル)創業者、レノバ名誉会長
千本倖生様

第二電電(現KDDI)
イーモバイル(現ワイモバイル)創業者 
レノバ名誉会長  千本倖生様

一般財団法人 
こどもたちと共に歩む会

第二電電(現KDDI)、イーモバイル(現ワイモバイル)創業者、レノバ名誉会長
千本倖生様

第二電電(現KDDI)
イーモバイル(現ワイモバイル)創業者 
レノバ名誉会長  千本倖生様

一般社団法人 
明日へのチカラ

ロート製薬創業家  
山田安廣様

一般財団法人
チャイルドライフサポートとくしま

大塚製薬創業家  
大塚芳紘様

一般財団法人 
本願寺文化興隆財団

親鸞25代目、
平成上皇の従兄弟いとこ 
本願寺法主 大谷暢順様

NPO法人 
SK Dream Japan

オートバックス創業家  
住野和子様

公益財団法人 
東京コミュニティー財団

東 信吾
Azuma Shingo

一般社団法人ソーシャルビジネスバンク
代表理事

 

【経歴】
1974年生まれ
大阪大学経済学部卒、大和銀行(現りそな銀行)、シティバンク、日本不動産研究所、UBS、クレディ・スイス(西日本地域の営業責任者)
社会活動家/プライベートバンカー/不動産鑑定士

大学生の頃よりプライベートバンカーを志向する。
UBSアジアパシフィック地域において7年連続「ドラゴンクラブ」を受賞(日本人初)。
2015年、全世界において「UBSサークルオブエクセレンス」を受賞。

2008年よりNPOのスタッフとして、タイ、ラオス、ミャンマー、カンボジアにて社会貢献活動に参画。

2012年よりバングラデシュにて、グラミン銀行創設者でノーベル平和賞受賞者であるムハマド・ユヌス博士と自動車整備士養成プロジェクトを運営。日本アントレプレナー大賞ソーシャルビジネス部門を創設。ソーシャルビジネスの普及活動に専念。

社会に「温かいお金」と「想い」を循環させることを目的に、一般社団法人ソーシャルビジネスバンクを設立。

この法人は金融商品仲介業務での法人利益のうち、法人税納税後の内部留保の半分以上を、顧客の希望に即して社会に還元する。自身はこの事業を無報酬で行っている。

またフィランソロピーアドバイザーとして、富裕層を社会貢献の世界に導く役割を担う。NPO・財団・社団の設立及び運営(理事等)に携わる。

EYストラテジー・アンド・コンサルティング株式会社の顧問(シニアフェロー)

 

東信吾/azumashingo